« May 2011 | Main | July 2011 »

June 2011

6月親睦会

今月の親睦会が終わった。職員の方,そして卒業生(7名)に参加いただいた。
それぞれが,楽しんでいただければ幸いである。

一次会終了後,水戸駅近辺に勤めている,Nさんの顔を見られてことも幸いであった。

さて,その主催者として,自分のことを考えると,かなり心許ない。
他人の人生に影響を与えられる教師とは?
他人に必要とされる人間とは?
などということを,考えてしまう一日であった。

そこまでできなくとも,
「コミュニケーション学を専攻して良かった,このゼミに入って良かった」

と思われるようなことをしたいものである。

| | Comments (0)

だめな自分

今日の会議は無事終わった。
司会役としてはダメダメであった。
学生には見せられない姿である。

説明がだらだら長く,はっきりしない表現を使っていた。
他の先生が,説明不足なところを補って下さったり,
発言を促して下さったりと非常にありがたかった。

緊張する状況,追い込まれた状況におかれて「己」が出る。
そう考えると,さして成長していないと反省しきりである。
いや,貴重な経験ができたと肯定的に捉えようか。




| | Comments (0)

就職支援

コミュニケーション学科向けのエントリーシート講座が開かれた。
学生だけではなく,お時間のあった先生方も出席されていた。

ご担当の先生はもちろん,他の先生方も適切なコメントを出しておられた。
先生方の教育にかける姿勢に学ぶばかりである。
とはいえ,学ぶだけでなく,何かを与えなければならない。
そのためには「石川独自の貢献とは何か」を考える必要があるだろう。

突き詰めて考えると,「自分は何者であるのか」という根源的な問いに戻る気がする。

就職支援というタイトルから逸れてしまったが,
就職とは,「自分がどう生きるか」に他ならないと思う。
その支援のため,「自分が貢献できること」「自分は何者であるのか」を考え直したい。

| | Comments (0)

コメント力

今日のゼミでは,スピーチに対するコメントが多かった。
4年生のコメントが多いのは例年通りであるが,
良い意味で競い合っているように感じられた。
内容も妥当なものが増えてきた。

それを受けてか,3年生の発言も見られるようになっている。

察するに,4年生としての「責任感」,それに「あおられる」3年生というのが,
現時点の姿だと思う。

最初はそれでよい。
そうするうちに,「発言することが当たり前」となり,
次いで「発言内容の濃さ」へと成長の段階が移っていくのだから。


| | Comments (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »