« 研究室2 | Main | 研究室3 »

マス・コミュニケーション

インターネットを見ていると,
災害時のマス・コミュニケーションの問題が取り上げられている。
目についた内容を挙げてみよう。

被災者へのインタビューのあり方
NHKと民放の報道姿勢の違い
災害報道が幼い子ども達に不安をもたらす恐れ
公共広告機構によるコマーシャルに苦情がでたこと
自粛のあり方について
などである。

今回,地震の被害を受けて感じたことは,「地域の情報」の重要性である。
茨城県内には,まだ断水している地域があるが,
「どこで給水できるのか」,「いつ頃復旧できそうなのか」というのは切実な問題だ。

こうした情報の提供は,マス・コミュニケーションというよりも,
インターネット,特にSNSやTwitterが重要な役割を果たしたようだ。
僕自身も,こちらから情報を得ることが多かった。

しかし思い返してみると,マスコミからの情報を重視していたのである。

停電中は,充電を気にしながらケータイから情報を集めていた。
利用したのは,サイトよりもワンセグ放送であった。
地震の次の日も新聞は届けられたので,読みふけった。

マス・コミュニケーションの役割はまだまだ大きい。
多くの批判がなされるのが,その証拠かもしれない。

|

« 研究室2 | Main | 研究室3 »

授業情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 研究室2 | Main | 研究室3 »