« なぜ「飲みニケーション」重視の会社は儲からないか | Main | インフルエンザ禍? »

マス・コミュニケーション学会

 慶應義塾大学での日本マス・コミュニケーション学会の秋季研究会に参加してきた。テレビなどのマス・メディアだけではなく,インターネットやケータイを対象とした研究も見られる。今,書いている原稿に参考になるものもあった。
 目に付くのは,質的研究法が多くなってきたことである。ある発表で,定量的な研究では「こぼれ落ちる」事例を拾っていくこと,そこから理論につなげていくことが,指摘されていた。
 勉強しなければならないことが多すぎる。

|

« なぜ「飲みニケーション」重視の会社は儲からないか | Main | インフルエンザ禍? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜ「飲みニケーション」重視の会社は儲からないか | Main | インフルエンザ禍? »