« 至福の時 | Main | 初出勤 »

北海道出張

 学内共同研究(eラーニング)のため北海道に行ってきた。北海道へ行くのは生まれて初めてである。北海道情報大学を訪問し,様々な説明を受けるが,システム構築の話が多く,理解が不十分なところもあった。そのあたりは共同研究者(工学系の先生)にお任せすることにして,授業での活用方法についてお話を伺うことにした。「eラーニングを積極的に利用させるには?」,「評価はどうするのか?」,「ラーニングポートフォリオとしての活用法は?」といった問題への取り組みが大いに参考になった。
 研修終了後の夜,地元の大学に勤務している大学院時代の先輩と再会,同僚の方とも一緒に食事に行き,昔話に花が咲いた。北海道での生活や北海道の学生と茨城の学生の気質?の違いの話も分かり面白かった。

 当初は比較的暖かったが(水戸とそれほど変わらなかった,その先輩によればバカみたいに暖かい),最後になって雪に降られた。マイナス3度まで下がり,こちらの感覚では大雪であったが,何事もなかったかのように街が動いていた(当たり前!)。ついでに言うと北海道の人はあまり傘を使わないらしい。よく見てみると,全くその通りで地元の学生らしき人は,フードをかぶるくらいでしのいでいる。慣れだけではなく,雪が乾燥しているものその理由のようだ。歩く際に大分雪に降られたのだが,建物に入る際に雪を払うと,傘もズボンもほとんど濡れていないのである。これも初めて知ったことだ。

 帰着の際,新千歳空港ではイベントがあり,田中義剛さんが花畑牧場の生キャラメルの宣伝もしていた(写真も撮った)。キャラメルは時間の関係で手に入らなかったが,他社の製品(地元で好評と現地の方に伺った)を購入した。さらにジャガポックルも購入した。「多くの店でお一人様・・・まで」とあり,これも人気商品らしい。今度のゼミに持って行こうと思う。

|

« 至福の時 | Main | 初出勤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道出張:

« 至福の時 | Main | 初出勤 »