« ゼミ選抜 | Main | 旧交 »

コミュニケーション論って?

 高校生や学生にとって,やはり「コミュニケーション論」は理解しにくいらしい。「コミュニケーション=対人コミュニケーション」と思っている人が多いようだ。僕の専門は,コミュニケーション論の一領域としてのマス・コミュニケーション論である。しかしながら,「コミュニケーション=対人コミュニケーション」と捉えている人には,対人コミュニケーションもマス・コミュニケーションも,同じコミュニケーションであるといってもイメージがわかないようだ。
 一般的に言えば,「コミュニケーション=対人コミュニケーション」と捉えられていても致し方ないとは思う。ではどう理解されているかといえば,「対人関係のノウハウを学ぶ」といったものが多いようだ。対人関係と対人コミュニケーションは微妙に異なり,対人コミュニケーション論は,単に対人関係構築のコツを学ぶものではない。学問と結びつけて捉えている人であっても,「心理学のようなもの」と捉えている場合が多いようだ。「コミュニケーション学は心理学と違う」のだが,理解してももらうのは難しそうだ。
 コミュニケーション学を専攻する者としては,「対人関係のノウハウを学ぶ」,「心理学のようなもの」という認識には違和感を感じる。重なる部分や大いに影響を受けている部分があるが,似て非なる部分が多いからである。なぜならば,心理学者と話してみると,コミュニケーション学者とは物事のとらえ方に違いを感じることが多々あるからである。でも,それを高校生や大学生に説明するのは難しい。
 しかし,コミュニケーション学科で碌をはむ者としては,その違いを明確に示し,固有の学問としてのコミュニケーション学をアピールしたいと思っている。僕には難しすぎる課題かもしれないが・・・,

|

« ゼミ選抜 | Main | 旧交 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コミュニケーション論って?:

« ゼミ選抜 | Main | 旧交 »