« 「夏の終わり」と「秋の気配」 | Main | ゼミ一次募集 »

記念

 10月1日,郵政民営化の記念切手を購入した。2種類あるとのことなので,両方をとりあえず買っておいた(僕は,「とりあえず」という言葉がキライなのだが)。これらが将来価値が出るかと言えば,それはないだろう。あまりにも多くが流通しているからだ。つまり希少価値がないことになる。それでも購入したのには訳がある。
 子ども(小学校3〜4年生)の頃,切手を集めていたことが頭に浮かんだからだ。当時,どこからか,切手収集は「趣味の王様」ということを聞きつけ,切手カタログを購入し,それを参考に近所の切手屋(専門店)に買いに行っていた。さらには,わざわざ切手用アルバム(ストックブックではなく,本格的なアルバム)を買って,綺麗に綴じていた。しかしながら,直ぐに飽きてしまった。当時集めた切手は何処にいってしまったのだろうか。
 昨日買った切手はなくさないようにしよう。もしかしたら,遠い将来(例えば,1000年後)価値が出るかもしれないから。

|

« 「夏の終わり」と「秋の気配」 | Main | ゼミ一次募集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 記念:

« 「夏の終わり」と「秋の気配」 | Main | ゼミ一次募集 »