« 卒業生来訪 | Main | ちゃち »

「学ぶ」は「真似ぶ」?

 とは,よく言ったものだ。今日,ゼミHPの「担当教員紹介」を自力で更新した。タグ打ちをしたことのない僕にとっては,ちょっとした挑戦でもあった。この経験(チト大袈裟)から,標記の言葉が思い浮かんだ。
 なにしろ「ワードパットでhtml形式のファイルを開くと,タグで表示されることを知らなかったのだ。学生に笑われそうだが,彼らがワードパットを使って,どうやってhtmを編集しているのか全く分かってなかったわけだ。
 他に方法が思いつかないので,ものは試しと,ワードパットでhtmlファイルを開こうとした。ところが,ファイルが見つからない。「ファイル形式の指定が問題なのだ」と思い至り,何とか開くことに成功した。
 こうなればしめたものだ。先ずは,更新日時の変更など,既存の文章の軽微な訂正をした。これは,直ぐにできた(当たり前!)。次いで,先日,茨城県教育研修センターで行った講演「ケータイ・リテラシーと情報モラル教育」の情報を書き加えることにした。ここで湧いた疑問は「行を足すのは,どうするのだろう?」である。命令文を見て,ワープロで文章を書く場合と同じようにいかないことは分かったからである。そこで,上の行をコピペして書き換えてみた。すると,上手くいった。僕にとっては,ちょっとした発見だ。
 修正すると長くなる文章に取りかかる。そこで,「ワードパット上では2行になる文章をHP上では1行にすると覚しき命令文」もしくは,「長い文章をページ内に上手く収めると覚しき命令文」を発見した。コピペを使って,長くなった文章に適用,何とか上手くいった。果たしてこんな命令文があるのかさえ,分からない。何しろ,タグ打ちの文章をまともに見ることが初めてなのだがら,全くの手探りなわけだ。
 こうなると,さらに新しいことに挑戦したくなるのが人情だ。そこで,新たな項目「試験情報」を加えようと思い至る。どうして良いのか分からないので,上にある命令文をコピペして,当該部分を書き換えてみる。上手くいった。何故だが分からないが,文頭に「・」が入り,色までついている。その上,ご丁寧に罫線まで引かれている。「他の項目と同じ体裁になった。スゴイ!」 コピペしたのだから,当然といえば当然だ。しかし,どうしてこうなるのか,サッパリ分からない。
 次に挑戦したことは,「試験情報」のハイパーリンクを貼ることだ。これも分からないので,他の文を参考にする。ある命令文が「〜フォルダの〜.htmに飛ぶ」を意味するらしいことだけは分かった。どうしてそうなるのか分からないが,兎に角,その文をコピーして,当該ページのフォルダ名,ファイル名を入れる。上手くいった。
 上手くいったものの,「HP全体の見栄えなどを考えると,これで良いのだろうか」と思ったところで,今日の挑戦は終了することにした。
 最後に今回更新したページのバックアップをとり,別フォルダに保存した。すると,もともとの体裁とは違ったものになっていた。何故だろう??? おそらくは当該フォルダ内にあるページは,一定の形式になるような命令文が入っているためだろう(違うかもしれない)。時間の無駄なので,それ以上は考えないことにした。考えたとしても,何も知識がないので分かるはずもないからである。
 以上を読めば分かるように,今回の作業は,自分で考えたというよりも「兎に角,コピペして,真似た」のである。手慣れた学生であれば,ものの5分とかからない作業であろう。しかし,手探り状態のズブの素人である僕は,30分以上かかってしまった。それでも何かを学んだ気がする。そう考えると,確かに「学びは真似から始まる」のである。
 「コピペして学んだ」と書いてしまったので,誤解のないように記しておくが,「コピペによる著作権侵害などは,論外ですよ!」

|

« 卒業生来訪 | Main | ちゃち »

授業情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「学ぶ」は「真似ぶ」?:

« 卒業生来訪 | Main | ちゃち »