« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

リエントリーショック

 実家で忙しい毎日を送っている。普段とは勝手が違うが,それなりに得るものもある(疲れもある)。

 3月も終わり,いよいよ新学期が始まろうとする折,仕事のメールがジャンジャン入っている。対応にも追われているが,水戸に戻って,すぐさま勘がもどるだろうか? 異文化コミュニケーション論でいう「リエントリーショック」を感じるかもしれない。

| | Comments (0)

祝・卒業

 少々遅くなったが,3期生のみなさん,卒業おめでとう。それぞれの道での活躍を期待している。
 この2年間,いろいろと話をしたし,また最後の合宿も充実したものだったので,卒業式は「エピローグ」というかんじであった。しかしながら,最後に渡したCD-Rに書いたように,「石川ゼミはこれで終わりではない」,一社会人としてゼミにコミットしていただけると幸いである。これは僕だけでなく,現役ゼミ生のいつわざる気持ちであろうと思う。今後とも,よろしく。

追伸
胴上げをされた気分は,怖くもあったが(高所恐怖症),格別でありました。

| | Comments (0)

大改革?

 ゼミHPのデザインが,大幅にリニューアルされた。大分,すっきりしたものになり,結構気に入っている。これを作成してくれたのは,現ゼミ長の2人である。単なるデザイン変更で「大改革」というのは,大袈裟に思う人もいるかもしれない。コンテンツは基本的に変更されていないのだから。
 しかし,作成方法にミソがある。新しいサイトは,「タグうち」で作成されているのだ。これまでは,市販のソフト「フロントページ」「ホームページ・ビルダー」を使っていたのだが,「メモ帳」に命令文を入れ作成したらしい。これは大改革だと思う。
 このサイトの運営は学生がしているのだが,適宜僕も手を加えてきた。ところが,僕ではおいそれと変更できなくなるかもしれない。命令文について,実際に説明を受けたのだが,僕にはどうもピンとこない。例えば,命令文の「”」の有無によって,デザインが全く違ってしまうことも実演されたが,何故そうなるのか,サッパリ分からない(全くの素人に分かるようなら,誰も苦労しないのだろうが)。僕の手の届かないところに行ってしまったようにさえ感じる(これは大袈裟か?)。 文章を書き足すくらいなら直ぐにでも覚えられそうだが,デザイン変更ができるようになるには,それなりの勉強が必要そうだ。今からでも始めてみようか?
  ゼミ長2人は,ウエブデザイン系の科目を履修しているとのこと。こうしたことができるのは,「コミュニケーション学コース」と「メディア表現学コース」の学生がバランスよくいる石川ゼミならではだと,自画自賛している(意味不明)。とにあれ,門外漢の僕にとっては,「メモ帳でこんなことができる!」というだけで感心してしまう。たいしたものだ,と取り敢えず褒めておこう。

| | Comments (0)

阿久津喜弘先生

 恩師の阿久津先生が昇天されて,丁度一年になった。一年なんて本当に早いものだ。今日一日,仕事に忙殺され,先生に思いをはせることがあまりできなかった。しかし,こうして毎日を過ごすことが,ひょっとしたら先生へのご恩返しなのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

趣味

 茨城県立歴史観の「すもう今昔」を見てきた。谷風の手形・足形, 稲妻や常陸山,男女の川の化粧まわし等なかなか面白く,本まで買ってしまった。角聖常陸山が茨城(水戸)出身なのは知っていたが,男女の川が茨城出身とは知らなかった。
 実は僕は,格闘技やスポーツ(といっても野球が主で,サッカーはあまり興味がない)が好きなのだが,その歴史についても興味があるのだ。例えば,プロレスの歴代NWAチャンプであるとか,野球の各種通算記録であるとか,結構知っているのだ。これはちょっとした趣味と言えるが,学生との会話のネタにはならないだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入試

 入試(B方式)のために,出勤した。昨夜,友人H君と後輩M君にも電話で話したのだが,この仕事もいろいろと忙しいのだ。とにあれ,受験生の皆さん,お疲れ様でした。
 気がつけばもう3月,新学期が目前に迫ってきた。研究のアイディアをまとめねばならないし,仕事もあるし,授業準備もしなければならないし・・・。こんなことを書くヒマがあれば,それをすればいいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タテ社会?

 今回の春合宿は,1期生〜5期生までが関わることになった。卒業生として,コメントを下さった方,お忙しいなか顔を出して下さった方に感謝したい。卒業後も石川ゼミのネットワークが続き,現役学生とも繋がっている姿を見て,何より嬉しかった。
 同期のつながりが重要なことに間違いはないが,それと同じくらいにタテの関係は大切だ。学生同士でしか学べないことがあり,それを代々伝えていくことによって,ゼミの1つのスタイルが形成されると思うからだ。現3年生は,先輩になることの難しさを感じる1年になるはずだ。現2年生は,そうした姿を見て,学び取ってもらいたい。
 そして,現4年生へ。現在は(ゼミで)一番上であるが(いや,約1名4年生よりも上の立場の者がいるが・・・),この4月からは「下っ端」になるわけだ。不安もあるだろうが,学生時代の経験(学問,アルバイト,そしてゼミ!)を生かせば大丈夫のはずだ。皆さんがこのゼミで身につけたのは,「タテの関係,すなわち,先輩や同期,そして後輩と協力して作業をすること」や「自ら考え行動すること」といった社会で生きるために必要な基礎的能力だからである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »