« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

春合宿終わる

 石川ゼミ最大のイベント春合宿が終わった。毎年,学生諸君が工夫を凝らしているが,今年もそれに劣らないものだった。4年生,3年生,2年生がそれぞれの立場から,合宿を良いものにしようと努力していた。この合宿で感じたこと,得たことを今後に生かしてもらいたい。
 その中でも3,4年のスピーチは良いものだった。石川ゼミという場において,彼らが一生ものの人間関係をつくろうとしている姿が見て取れた。学生同士のつながりには,指導教員でも入っていけないと感じるほどである。彼らにとってのゼミとは,同期や先輩,後輩のつながりであり,そのなかで指導教員に頼ることなく,自ら成長しようとしている。これは嬉しいことであるが,ちょっと寂しくもある。彼らに負けじと僕自身力をつけねばならない。
 僕も最後にスピーチしたのだが,なかなか思ったことが十分に言えなかった。自分でも不思議だ。最近気に入っている ミスチルの「しるし」のようなことを伝えたかったのだが,咄嗟には言えないものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

合同スキー合宿

 コミュニケーション学科のゼミによる合同スキー合宿に参加してきた。教員7人,学生30名近くが参加した合宿であった。僕もスキーをしてきたが,初級コースは楽しめるのだが,中級コースではチトきつい,というところだ。夜の宴会もまた楽しいものだった。石川ゼミ合宿とは異なる部分も多くあり,それもまた新鮮な経験である。ウチのゼミから参加した学生も同様の気持ちなのでははなかろうか。
 さて,最終からはゼミの春合宿が始まる。筋肉痛に打ち勝ち(笑),体力を蓄えておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最終講義

 今年度をもって定年退職なさるA先生の最終講義が行われた。僕も出席したのだが,非常にためになる話をうかがうことができた。その内容を十分に表現できないのがもどかしいが,何と言おうか,「人生経験のある方の凄み」を感じたのである。
 キーワードを挙げるとすれば,「与えられた仕事をに対して,即,できないとは決して言うな」「リーダーは迷った姿を見せてはならない」「不満を次へのステップへつなげろ」「幸運の女神には後ろ髪がない」,そして「教師は教えすぎてはならない」ことであろうか。メモを取っていなかったので,幾分,不確かなところがあり,A先生の意図するところとは違った解釈をしているかもしれない。とにあれ,我が意を得たりと思うお話と,反省すべきお話があり,誠に有意義であった。
 そしてもう一つ感じたこと。それは,今のA先生のお考えや生き方の基礎となっているのは「学生時代の経験」ということだ。僕自身としても学生時代の部活やゼミ活動での経験は大きいものであった。学生諸君は,充実した大学生活を送り「自己形成」をしてもらいたい。そのために,及ばずながら力を尽くしたいと思う(ちょっとキザですが・・・)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グループウェア

 大学でのグループウェア講習会に出て,操作の演習を行った。自分のスケジュールなど個人のデータの管理に加えて,学内での情報のやりとりなどコミュニケーションツールとしても,確かに便利である。とはいえ,個人のデータを逐次入力しておかねばならない点が,チト面倒だ。
 双方向性を持ったメディアの普及に当たっては,「イノベーション普及学」でいう「臨界点」が問題となる。採用者がある程度増えると爆発的に普及するというものである。ケータイがその例だ。その反面,ある程度までいかないうちは,コミュニケーションする相手がいないために,普及しないのである。このメディアは,どの程度,普及するであろうか。自分が「イノベーター」となって頑張るのは無理にしても(機械が苦手なので),「アーリーアダプター」にはなって普及に貢献したいと思う。

| | Comments (0)

What's up?

 このところ,HPのカウンタ伸びがバカに早い。試験期間中などは,多くの学生がアクセスするのだが,今は休み中だ。何が起こっているのだろうか? 受験生が見ているのならば有り難いことなのだが,先日終わったばかりであるし・・・。

| | Comments (0)

三つ子の魂・・・

 この年齢になっても,子どもの頃からの性格がなおらない。どうも優柔不断になってしまう。自分では改めたつもりなのだが,重要な決めごとに対しては,どうしてもそうなってしまう。特に成績を出すときなどがそうだ。提出期限が迫っている・・・。

| | Comments (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »