« 新ゼミ生歓迎会 | Main | 三丁目の夕日2 »

三丁目の夕日

 一昨日録画した「ALWAYS三丁目の夕日」を観た。話題になった映画だったからではなく,昔からマンガ版が好きだったからである。実は,中学生の頃から,西岸良平作品のファンである(マニアというほどのものではない)。なので,映画版の各シーンを観ると,オリジナル版のどの話か分かったほどだ。
 マンガ版は,独特の絵柄はもちろんのこと,内容の深さも面白い(彼の昔の短編にはそうした傾向が強かったが,最近は薄れたような気もする・・・)。映画には,マンガ版とは異なる設定もそれなりに楽しめた。また,ラストシーンも,途中で「読めて」しまったのだが,それはそれで面白かった。 やはり「日本人ウケする設定」ってあるのだなぁ,と思う。
 12月に入り「忠臣蔵」の季節となった。あれぞまさしく「日本人ウケする設定」である。日本人のコミュニケーション・パターンを知るにも言い教材だと思う。学生諸君も観てもらいたい,

|

« 新ゼミ生歓迎会 | Main | 三丁目の夕日2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三丁目の夕日:

« 新ゼミ生歓迎会 | Main | 三丁目の夕日2 »