« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

GW直前

 GW直前に一仕事終えた。それは,合宿のしおりの作成だ。印刷まで済ませることができた。表紙作成には,「温ちゃん会」の協力を頂いた。無粋な内容になりがちなものに,一花添えてくれた。ありがとうございました。
 5/2に説明会があり。まだ合宿所との折衝も残っている,まだまだ気は抜けない。ということで,僕のGWは3日からになりそうだ。とはいえ,本当の意味での休みは,13,14日の合宿が成功に終わってからかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スピーチ・コミュニケーション

 ゼミ掲示板に,卒業生からの投稿が連続してあった。いずれも「ゼミで学んだスピーチ」が役立ったとのことであった。うれしい声である。僕の学生時代のゼミで,スピーチの重要性を感じたため,石川ゼミでも取り入れている。「自分の考えを的確に述べる能力」は,どのような会社でも重視される基本的な能力だと思う。
 先週のゼミでは,3,4年生全員のスピーチを聴いた。テクニックや落ち着きという点では,4年生に一日の長が見られた。しかしながら,懸命さという点では,3年生に軍配を上げたいと思う。
 スピーチ・コミュニケーションには一定の理論があり,それを用いればある程度の効果的なスピーチができる。しかしながら,やはり,人の心を動かすのは,懸命さや熱心さといった人の心であろう。
 4年生諸君は,テクニックにおぼれないこと,3年生諸君は,ちょっとしたコツを覚えることを,今後の課題としてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2期卒業生へ ありがとう

 先週の「桜山」での花見の際には,卒業生の卒業旅行のおみやげを頂きなながら,「花より団子」を楽しんできました。大変遅くなりましたが,この場を借りてお礼を申し上げます。皆さんのお心遣いに多謝!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はてさて

 なんだか知らんが忙しい。また頭痛のタネが増えた。こんなことを書きながら思ったのは,ブログのデザインを地味なものに変えてから,内容まで地味になったことである。OGからの投稿にデザインが地味になって寂しいというものがあったが,内容までそうなってはではイカン,イカン。気持ちを切り替えて明日の授業に臨もう。
 明日は,「メディア文化史」がある。自分としては面白い内容なのだが,それを分かってもらうためには,ある程度の基礎知識を詰め込む(あえて,この言葉を使う)ことも必要だ。それをどう上手くやっていくかが,勝負所だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コミュニケーション学

 明日から,本格的に授業が始まる。学生諸氏は,折角,コミュニケーション学科に入学したのだから,コミュニケーション学の面白さ(理論と実践)を知ってもらいたいと思う。とはいえ,「コミュニケーション学とは何か」という問いに明確に答えることは難しい。
 それは,コミュニケーション学の学際性のためであるが,自分の力不足のせいもあり,そこにもどかしさを感じてしまう。コミュニケーション学は,実践的な学問であり,これからの情報社会を生き方を探る重要な研究領域の1つである。微力ながらも,少しでもコミュニケーション学の魅力を伝えたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿久津喜弘先生

 本日,2006年度初めてのゼミを行った。大学近郊の「桜山」で花見と洒落込んできた。4月13日は,先日昇天された恩師である故阿久津喜弘先生のお誕生日である。昔は,この日の前後に阿久津ゼミOB会を開いて,桜を見ながらひとときを過ごしたものである。自分のゼミの学生と過ごしながら,そうしたことを思い出してしまった。阿久津先生には及ぶべくもないが,先生から学んだことを学生達に伝えていきたいと思う。
 と言いながらも,今日は,私の未熟さを露呈した面もあり,誠に申し訳なく思っている(T君からの指摘もあった)。先生のお誕生日に反省すべき点が見つかったのも,また因縁であろうと思う。

追伸
ブログのうち,プロフィールの部分だけは,「ケロロ軍曹」に戻した。T君から「ケロロ軍曹」のグッズを頂いたからである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

経験

 今日は,打ち合わせ,会議,授業,その他諸々(授業準備や雑談?)と落ち着かない一日であった。こう書いてみると,非常に忙しそうであるが,僕以上に仕事をしている先生は,たくさんおられる。でも,僕のようには,あくせくしていない。やはり,能力の問題なのだろうか? いや,経験の差なのだと思いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デザイン変更

「ケロロ軍曹」 → 「キャラメルコーン」 ときて,地味なデザインに戻した。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

同時並行処理

 現在,自分のもっとも苦手なことをしている。それは,複数の仕事を同時並行的に行うことだ。もともと僕は,1つずつ仕事を片づけるという単機能タイプの人間であり,しかも「要領が悪い」ときている。こうした面は,時にはプラスに働く場合もあるが,やはり,要領がイイに越したことはない。大学時代のゼミの友人,U君はこうした事務処理能力に長けた人であった。時折,彼の会社での仕事ぶりを聞くと,感嘆するばかりである。今度,飲みに行ったときに「コツ」を聞いてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人の振り見て

 学会から依頼されていた査読を終えた。他の研究者の論文を読むことは大いに勉強になるが,アラが目についてしまうのもまた事実である。そんなときに思い出すのは,タイトルの言葉である。他人の批判をするのは簡単なのだが,いざ自分がするとなると・・・。いかんせん心許ない。「他人に優しく,自分には厳しく」ありたいものである。そうした訳で,未熟ながらも,筆者の意図を酌むように努力している次第である。
 とはいえ,ある程度の批判的視点がなくなってしまうと,「ナアナア」になってしまうのも,また確かであろう。兎角,この世は難しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新入生オリエンテーション2

 今日の新入生オリエンテーションでは,模擬授業といった学習ガイダンスと,ティー・パーティーをおこなった。入学してまだ一週間も経っていないが,新入生同士,うち解けはじめているようである。また,この会には,在校生(石川ゼミからも2名)の参加があった。どうもありがとう。新入生と先輩との交流があったようでなによりである。
 来週からは,本格的に授業がはじまるが,今回の一連のオリエンテーションは,彼らにとって,良い助走期間となったのではなかろうか。余談ではあるが,今日のパーティーで歌声を披露したのは,いずれも「I先生」であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新入生オリエンテーション1

 今日は,アドバイジー(advisee)の学生との面談の後,学内ツアーを実施した。もう少し,ゆっくり話してみたかった部分もあったのだが,学生は,一限から説明会があったため,疲れていた模様であった。僕の不手際で,学内ツアーに時間がかかってしまい(僕より時間をかけている熱心な先生もおられた),そのため学生が疲れた部分もあったと思う。
 新入生(というか僕のアドバイジー)に対して感じたのは,「まだ高校生だな」ということ。って,ついこの間まで高校生だったのだから,当たり前のこと。これから時間をかけて,彼らが「生徒から学生へ」とどう成長していくのだろうか。楽しみにしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

拝命

 今年度,コミュニケーション学科新入生を対象とした「オリエンテーション合宿」を実施することになりました。現在,スケジュールや催し物などを検討しています。
 石川ゼミは,「合宿」を重視していることは,ご承知の通りです。合宿係を中心に,円滑な合宿運営がでできるように求めています。実践的なコミュニケーション能力や,問題解決能力の育成に役立つと考えているからです。それに自分に返ってくるとは,因果応報と申しましょうか・・・。とにあれ,石川ゼミ合宿で培った「合宿力」をもとにして,「オリエンテーション合宿」を成功させる所存です。
 余談ですが,僕の出身校でも,新入生を対象としたオリエンテーション合宿を行っていました。僕もスタッフとして参加したことがありますが,その経験が少なからず活かせそうです。世の中,何がどのようなかたちで役に立つのか分からないものです。学生の皆さん,いろいろな経験をしておいて下さいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入学式

 本日の入学式で,コミュニケーション学科に82名の学生が入学しました。おめでとう。心から歓迎します。コミュニケーション学の魅力を伝えられるよう努力しますので,皆さんもより多くを学びとるため,積極的に参加して頂きたいと思います。
 それと同時に,仕事が本格的にはじまりました。いろいろと新しい試みがあるため,僕自身の仕事もだいぶ増えそうです。新入生との交流会には,ゼミ生にも参加してもらうことになります。よろしくお願いします。それとは別件の打ち合わせが明日あります。ひとつひとつ,片づけていくしかありませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

原点回帰

 ここ数日,実家で仕事をしてました。肉体労働は疲れましたが,自分の原点を見直す場でもあるようにも感じます。久方ぶりにマニュアルの車を運転してきました。できないかと思いましたが,意外と体で覚えているものですね。普段と違う仕事をすることに楽しさはありましたが,4月に入りましたので,本業に戻らないといけません。
 さて,4年生の皆さん,就職活動はいかがしょうか? 今年は雇用が増えているようですが,企業側の見る目が甘くなったという意味ではないようです。それと,今年は例年よりも早い傾向にあるようです。アプライしたい企業があれば,情報は早めに集めることです。気がついたら,応募期間が終わっていたなんてことがないようにして下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »