« 風邪の余波 | Main | 川柳 »

採点の難しさ

 マス・コミュニケーション概論の採点は終わり,情報環境論の採点をしています。どちらも「穴埋め」と「記述」の問題からなっています。穴埋めの採点は簡単ですが,問題なのは記述問題です。「できた,できない」と単純に判断できないからです。記述問題の採点基準を設けてはいますが(操作化),なかなかそれに当てはまらない回答もあります。ちなみに,記述問題の評価(今回は15点)に際しては,7段階に得点化しています。なるべく客観的に読むようにしてますが,難しさは残ります。
 それと同時に,自分への反省も生じます。誤答のなかには「自分の説明の仕方の未熟さから生じたおそれがあるもの」があるからです(その場合は甘くします)。「次年度からはこうしよう」と来年の資料の修正をすることもしばしばです。こうして少しずつ改良に努めてます。
 自由記述の解答のなかには,僕が期待していた以上のものがあります。授業の内容を超えるものや,授業とはまた別の視点で分析しているものなどです。こういう時にはうれしくなりますね。

|

« 風邪の余波 | Main | 川柳 »

授業情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 採点の難しさ:

« 風邪の余波 | Main | 川柳 »